歯医者への通院で白く健康的な歯を維持する


審美歯科について

デンタルクリニック

虫歯が大きな問題として認識されたのは最近になってからです。
歯に異常が発生しても昔は軽視されがちでした。
初めて歯科医が日本に登場したのは明治時代ですが、現在よりも通院する人が少なかったと言われています。
その様相が変化したのは虫歯による悪影響が科学的に立証されたからです。
虫歯を早期治療しようとする人が増えるのと同時に、歯科医を目指す人が増え始めました。
虫歯は誰でも発症する病気だから、需要が高いと思われたからです。
しかし現在では患者が減ってきています。
未然に防ぐための歯磨きが習慣付けられたからです。
そして残ったのは少ない患者と供給過多である歯科医でした。
現在の歯科医院の数はコンビニエンスストアよりも多いと言われています。

よって現在の歯医者は苦境に立たされている状況です。顧客が少ない上にライバルが多いため、わずかなパイの奪い合いになってしまいます。
開業してもすぐに閉鎖という事例が少なくありません。競争に勝ち抜いている歯医者は他のライバルと異なる点があります。
それは先を見据えた上での戦略を立てているからです。例えば最近の歯医者では患者に正しい歯のケアを教育しています。
将来的な利益獲得の可能性を自ら潰すような行為です。しかし歯のケアを怠っても虫歯ができるとは限りません。
別の考え方をすれば歯の問題点を指摘する事で、顧客との信頼関係を築けるチャンスです。特定の歯科医院が贔屓にされる傾向があるのは、虫歯を無くすという理念に基づいた活動が功を奏しているからです。
今後は利益と気持ちについて考えられる歯科医院が、成長していく事が予想できます。